UBMジャパン・グループ

お問い合わせ

UBM Japan

『CPhI Japan 2018』、4月18日より東京ビッグサイトで開催決定!

国際製薬ビジネスの未来像を探る

日本と世界の製薬市場を結ぶ国内最大の国際展示会&セミナー

『CPhI Japan 2018』、4月18日より東京ビッグサイトで開催決定! 

 

会期:2018年4月 18 日(水)・19 日(木)・20 日(金)

会場:東京ビッグサイト 東 1・2・3 ホール

主催:UBMジャパン株式会社、UBM EMEA、株式会社化学工業日報社

 

出展社増加の一途を辿る!世界 30 の国と地域から 550 社が出展

国内企業のリピート率が80%を超える     

UBM ジャパン株式会社、UBM EMEA、株式会社化学工業日報は、2018年4月18日から20日の3日間、東京ビッグサイトにて、国内最大の医薬品原料・素材の展示会「CPhI Japan2018」(国際医薬品原料・中間体展)をはじめとした医薬品の研究開発・製造のための5つの国際展示会を開催する。

「CPhI(シ ー・ピー・エイチ・アイ)」は、1990年にUBM社(本社・英国)がドイツのフランクフルトでスタートした国際的な原料・中間体の展示会で、2002年に日本における開催をスタート。さらに中国、インド、米国、ロシア、韓国、トルコ、インドネシアなど世界8か国で開催されており、国際的な医薬品原料展として、業界関係者にとって不可欠な展示会となっている。また国内では、業界にニーズに応えるべく医薬品開発に特化した「受託サービス=ICSE」、「機器・装置=P-MEC」、「バイオテクノロジー=BioPh」そして「医薬品パッケージ・DDS = InnoPack」とその関連分野を取り込みながら展示規模を発足当初の3倍に拡大し、現在では550の出展社と約21,000人の業界関係者が一堂に会する総合的な“国際医薬品開発展” に成長している。

 

「新規サプライヤー・新素材・新製品発掘」の場へ

CPhI Japanは、第一回目から製薬業界関係者にとって年に一度の国内外の既存及び新規サプライヤーとの商談の場として認知されており、会期中は多くのブースで出展者と製薬会社の研究・開発担当者との活発な商談がくり広げられている。また2017年の来場者の分析では、30%以上が「新規サプライヤー・新素材・新製品発掘」を目的として来場していた。本展では、新製品を取扱う企業も100社を超え、500品目に上る。CPhIへの来場目的の傾向は、高齢化等による医療費の上昇に伴う薬価の抑制、ジェネリック医薬品の利用促進に向けての原薬の安定共有、AG(オーソライズ・ジェネリック)の台頭などで製薬業界を取り巻く環境が急速に変動していることが大きな要因となっている。今後はこの変わりゆく日本の医薬品市場と世界を結ぶ専門的かつ包括的な国際イベントとして、医薬品開発における世界の最新製品、技術、サービスを国内外に向けて紹介していく。

「ジャパンライフサイエンスウィーク」同時開催

会期となる3日間は、東京ビッグサイトの東ホールを6館使用し、全体を「ジャパンライフサイエンスウィーク」と称してCPhIをはじめとする医薬品開発のほか、医療機器開発、化学品素材など合わせて11の専門展示会を同時開催され、6万人を超える製薬/医療機器業界関係者が集結する日本最大級のライフサイエンスの総合展となる。これからの日本経済を牽引する重要産業であるライフサイエンス分野に関わる11の専門展示会を同時開催することにより、業界の壁を超えた新たなビジネスチャンス創造の場を提供する。

公式サイトhttp://www.cphijapan.com/

※前回の出展社詳細、セミナープログラムなど最新情報は WEB サイトでご確認ください。

【展示会概要】

CPhI Japan 2018     (国際医薬品原料・中間体展)

ICSE Japan 2018      (製薬業界受託サービスエキスポ)

P-MEC Japan 2018    (医薬品原料 機器・装置展)

BioPh Japan 2018    (バイオファーマジャパン)

InnoPack Japan 2018 (DDS・医薬品包装展)

 

■会 期:2018 年 4 月 18 日(水)~20 日(金)

■会 場:東京ビッグサイト 東 1・2・3 ホール

■主 催:UBMジャパン株式会社、UBM EMEA、化学工業日報社

■後 援(前回実績)

厚生労働省、経済産業省、(一社)日本化学工業協会、日本製薬団体連合会、日本製薬工業協会、日本医薬品原薬工業会、 日本ジェネリック医薬品学会、日本ジェネリック製薬協会、日本一般用医薬品連合会、日本 OTC 医薬品協会、米国研究製薬工業協会(PhRMA)、欧州製薬団体連合会(EFPIA)、(一社)日本分析機器工業会、化成品工業協会、日本医薬品添加剤協会、(一財)バイオインダストリー協会、(一社)バイオ産業情報化コンソーシアム、ヨウ素学会、(一社)日本化学品輸出入協会、(一社)日本薬業貿易協会、日本食品添加物協会、触媒工業協会、(一社)日本科学機器協会、日本CMO協会(JCMOA)、日本プロセス化学会、(公社)日本包装技術協会(InnoPack Japan後援)、(公社)日本薬剤学会(InnoPack Japan 後援)、創包工学研究会(InnoPack Japan後援)

■同時開催:ジャパンライフサイエンスウィーク2018

Medtec Japan

Electro MED Japan

Smart Health Japan

ロボット&機器開発展

Test Kit Japan

ファインケミカルジャパン

※全展示会が相互入場制

【お問い合わせ先】

UBM ジャパン株式会社

〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町 1-8-3 神田 91 ビル

TEL:03-5296-1020      Email:info@cphijapan.com

Web:   www.cphijapan.com/ www.japanlifescienceweek.com

担当:小池、権田(ごんだ)

一覧へ戻る

ページ先頭へ